2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« いのちを生きる | トップページ | オススメです☆ »

2013年10月11日 (金)

貝になりたい・・・

ある夜―

お仕事から帰ってきた パパさんが一言。

『えっと・・・帰ってきてから○○ちゃん(ワタシ)一言も喋ってないよねkissmark?』


あ・・・気がついちゃいました?

でも、違うんです。

やっと帰ってきてくれた パパさんと話したい気持ちは山々fujiなんですが・・・





日中の HARU君の『なんで? なんで?』 攻撃

口と頭が オーバーヒートimpact してるだけなんデスsign03sign03


昔、ある子育てベテラン先輩が 『質問には、ちゃんと答えてあげてネgood

と、アドバイスしてくださったので

なるべく 答えるようにしているんデス(数少ない知識を探しまくりsweat01

しかし、しょせん相手は3歳児chick

①そもそも質問内容の意味が分からない・・・


②何度も同じことを質問してくる・・・



何よりやっかいなのが・・・sad



③適当に答えると 怒り出すbomb






・・・ええ。

これまた 地味な大変さなんですが


首が折れるほど うなずいておられるママ達は多いと思いますsign03sign03






そんなこんなで、 最近パパさんが帰ってきたら・・・

質問はすべて 
パパさんに流すようにしています(笑)

だって・・・明らかにワタシより 知識は多いcrown! (言い訳sweat01



そんなある日の夕食の風景night (dangerH・・・HARU、W・・・ワタシ、P・・・パパ)

fishを食べていた HARU君。



カーンnote (開始のゴングbell

H 『ねぇ。なんで おさかなは ほねがあるの?』


W 『(・・・きたきたcoldsweats01) パパに聞いてみたら~heart04


P 『・・・gawk (仕事疲れでぼーっとしています)』


H 『ねぇ、パパな~んでっsign02


P 『ハッimpact (我にかえる) あ、ああ・・・骨? なんで骨があるか?』


W 『(どう答えるか、耳ダンボ状態ear)』 (danger日々の大変さを知ってほしい気持ち9割)


P 『・・・無いと大変だから。』


W 『ちょ、何その答えsign02


P 『いや、だから~。ないと困るでしょ?』


W 『そ、そんな答え 納得いかんやろcoldsweats02 sign02 sweat01(・・・誰が?)』


P 『ほら、ね、HARU君にも骨があるでしょ』



H 『ふ~ん。そうなんだ。』

W 『え~ wobbly sign02 おわり~sign02sweat01



もう、もはや 誰の質問か 分かりませんねsweat02




今日も ワタシ 貝になりたい気持ちですgawk(遠い目・・・)



Hon



HARU君 本bookを 読んでもらうのも 読むのも大好きcatface

でも、知りたいことだらけって 幸せなことですねshine 


ワタシも がんばりま~すcoldsweats01 神様、助けて~(笑)





Kyouryuu


オ○ンピックの おもちゃコーナーにて―。

恐竜の人形で40分以上 2人で遊び続けましたsweat02


本気で恐竜を演じないと HARU監督に 怒られますsweat01






ほ、骨がなぜあるのか3歳児に分かりやすく答えてくださる方・・・募集中flair 

ポチッheart04と 応援よろしくお願いいたしますhappy01


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村   

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村   

« いのちを生きる | トップページ | オススメです☆ »

育児」カテゴリの記事

コメント

子どもの質問にまじめに、答えるのは無理、、、ってか、
答えたら駄目って、聞いたことあります。応える姿勢は大切、ですが。

○○クンはどうだと思う?って、振り返して一緒に真剣に考える、のがいいって。

だって、親のつたない知識、間違ってることも多く、また、考えるクセをつけず
簡単に周囲の人に答えきいて満足する子になってしまってはもったいないから。

私は、いつも、
「すごい質問!難しいこと気が付くようになったねえ~~。
○○はどう思う?どうしてかなあ?
(しばらく二人であーでもないこーでもないと考える)
わかんないねえ。
大きくなってお勉強して、わかったらお母さんに絶対に教えてね!」
って答えてました。

輝いた目で、うん!絶対教えてあげる!!って答えたこどもたち、かわいかったな。

私が、困った質問。
4歳くらいの拓真からでしたが、
火と空気の境目はなぜできるのか?
どうしてここから火、ここから空気って、分かれていられるの?

どうして、火ってあるの?

こんなん、わからんです。

骨がなぜあるか?
やはり、ないと困るから、でしょうねえ。
神様がそのようにお造りになったから、こんにゃく人間やこんにゃく魚にならなくて
良かったわ~って感じ?

私も子どもが小さい頃は、大人と会話する方法を忘れるくらい疲れてました。
懐かしい。
Fight!! それでも、今、一番子どもと近い時だと思います。
本心からホンキで「あなたがいないとボク死んじゃう」って愛してくれる、、。
本の数年です。。辛いけど、楽しんでくださいな。

Amy Faith Tomoko さんへ

へ~、そうなんですねflair
確かに、今が一番近いときなんだな~と思いますhappy01
でも、子供の質問って、時に感心させられるんですよね。
大人が当たり前として捕えてるそのことが、実は当たり前ではなく
自然界の感動であったり・・・

いや~、しっかし、たっくんのその質問、すごいですねflair
大人顔負けの質問だ~happy01sweat01

すごーい!もう何で何で言うんだぁ。
息子くん賢いね(*^◯^*)
最初は何で何でもかわいいけど、そのうちママの頭もショートしそうだね(^◇^;)

うちの子は難しい疑問ないらしい。
うーん難しいね!って諦め早い(;≧д≦)
子供なのにやる気なーい。

いや、きっとこれからなハズ(笑)
記憶をたどれば、ウチの母親は質問するたびに『辞書ひきなさい』と答えてたな~up
辞書book開くのが面倒くさいから、聞いちゃうんだけどねsweat01

辞書引くのはもう少し大きくなってからね。

前にね、東大卒業して人が、うちの親からもらった一番大きなアドバイスは、
「疑問に思ったらすぐに辞書等で調べなさい!」ってことだったそうです。

「あとでやろう」は絶対だめ!!すぐに!!

もうちょっとHARU君大きくなったらこれもぜひ!!

KOTA君に
「コーヒってなに?」
って昨日聞かれた。

「…コーヒーはコーヒ−…」

ですよねぇ?

ニュース見るたびに
「回避ってなに?」「火事ってなに?」とかいろいろ。
でも、答えても別に聞いてないよな。

Amy Faith Tomoko さんへ

そうなんですねflair これはぜひやってみよう~scissors


kotokotoさんへ

光景が目に浮かぶ(笑)
たぶん、「答えてくれた」っていう心がうれしいんやろな~happy01
しかし、コーヒーの説明は難しい(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1927972/53566988

この記事へのトラックバック一覧です: 貝になりたい・・・:

« いのちを生きる | トップページ | オススメです☆ »